鳴鳳堂国際青年映像祭について

About MEIHODO Internationnal Youth Visual Media Festival

鳴鳳堂国際青年映像祭は、株式会社鳴鳳堂が開催する映像祭です。世界中の青年映像作家が参加する国際的な映像祭であり、各国の映像作品を展示及び評価するコミュニティの場でもあります。

本映像祭は、2018年に株式会社鳴鳳堂と北京電影学院の共同主催にて開催されました。鳴鳳堂国際青年映像祭実行委員会によって企画、運営を行っております。

鳴鳳堂国際青年映像祭主な活動としては、テーマ別映像作品展、映像作品交流活動、映像作品評議活動の3部で構成されております。

委員会の名誉主席はエミー賞受賞者でありテレビ・映画プロデューサーの靳羽西 YUE-SAI KAN、特別顧問はアカデミー賞受歴のある作曲・指揮者の譚盾、主席は蘇慶(株式会社鳴鳳堂 代表取締役)が務めております。

鳴鳳堂国際青年映像祭は2018年より2回の開催を成功させてまいりました。中国、日本、米国、ベトナム等12の国と地域から663の作品の応募がありました。合計68件の作品を受賞され、合計1600万円の賞金を贈呈致しました。

2020年9月1日に、第三回鳴鳳堂国際青年映像祭実行委員会を結成致しました。今回は、福岡県と長崎県での開催を予定しております。テーマは『共に乗り越えよう〜2020年・忘れられない瞬間』と決定致しました。作品の募集期間は2020年9月27日〜12月05日となっております。

第三回鳴鳳堂国際青年映像祭について

>>詳しくはこちら<<

新着情報

鳴鳳堂国際青年映像祭

第3回鳴鳳堂国際青年映像祭 開催日程・場所及び各賞変更通知

2020年12月7日~12月13日に予定されていた開催期間を12月14日~12月20日に1週間延期することを決定し、九州国際展示広場(福岡県福岡市博多区西月隈5丁目18−43)にて開催する運びとなりました。..

鳴鳳堂国際青年映像祭

“共に乗り越えよう-2020年・忘れられない瞬間”テーマ映像展の企画者である李昂が日本の“剣岳”で登頂に成功。

“共に乗り越えよう-2020年・忘れられない瞬間”テーマ映像展の企画者である李昂が日本の“剣岳”で登頂に成功。..

プロ作品募集

ドラマ映画、ドキュメント映画、スチル写真作品

募集期間:2020年9月27日-2020年11月30日

>>ご応募はこちら

「共に乗り越えよう~2020年・忘れられない瞬間」テーマ作品展

Themed Photography Exhibition WE cARE IN THIS TOGETHER Life in COVID-19 Through a Lens

募集期間:2020年9月27日-2020年12月05日

>>ご応募はこちら

テンセント動画オンライン会場

テンセント動画オンライン会場同時開催

>>ご応募はこちら

靳羽西&谭盾からのメッセージ

過去の映像祭
詳しくはこちら

コアメンバー

主催


提携メディア